CFD(日本では最近知られるようになった投資商品です)取引に興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)があって始めてみたいと思っても、すぐに取引を行うことは出来ません。まず、CFD(現物株CFD、指?CFD、債券CFDなど、豊富な銘柄から選択できるのもその魅力の一つでしょう)取引業者さんにて口座を開設する必要があります。けれど、現在では数多?のCFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)取引業者が存在しているのですから、何処で口座を開設してよいのか迷う人も多いでしょう。まず覚えておきたいのが、CFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)取引は相対取引であって市場取引ではありませんので、業者により取り扱う商品の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)が異なっているということになるでしょう。自分が取引をしたい商品を扱っているかどうか、確認しておく必要があるのです。また、取引コスト(いかに抑えるかが重要でしょう)の違いも重要になります。これは業者によっては異なるのではないでしょうかし、株や為替と言う取引を行う商品により手数料が異なる場合だってあるのです。ほんの少しでも、取引コスト(費用ともいいます)が低いCFD(現物株CFD、指?CFD、債券CFDなど、豊富な銘柄から選択できるのもその魅力の一つでしょう)取引業者を選択することが重要なのですね。初心者向けのCFD(現物株CFD、指?CFD、債券CFDなど、豊富な銘柄から選択できるのもその魅力の一つでしょう)取引業者で高い人気を誇っているのが、「IGマーケッツ証券CFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)」。チャート(テクニカル分析をする際には欠かせません)の使いやすさには定評がありますので、初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)の方にはピッタリとなるんです。マージンコールやロスカット、トレーリングストップなどを利用し、損失が出にくいようにしてあるのも初心者さんにとっては嬉しいシステムです。日本における、CFD(Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と訳されます)取引のパイオニア的な存在として広く知られているのが「ひまわり証券CFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)」。日本で初めてCFD、FX(外貨を保有することで金利をもらえる可能性もありますが、逆に支払う可能性もあります)、日経二十二5先物取引の個人投資家(利益をあげているのはごく一握りだといわれています)向けサービスを行なった会社で、信頼感は抜群です。24時間のサポート体制やセミナー(講師と生徒が一箇所に集まるもの、ネット環境を利用して行われるもの、合宿形式のものなど、様々なやり方で行われます)も充実しているのですので、初心者の人でも安心して取引を開始できますよー